【国宝仏像】菩薩半跏像(伝如意輪観音)【中宮寺】の解説と写真

アルカイックスマイルを浮かべ半跏思惟する菩薩の姿。漆黒でありながら女性的な魅力をもつ仏像

最終更新日:2017年8月16日

木造菩薩半跏像(伝如意輪観音)(もくぞうぼさつはんかぞう)

分類 国宝
ジャンル 美術品・彫刻
時代 飛鳥
構造・形式等 木造
樟材
国宝指定年月日 1951年06月09日
所有者 中宮寺
安置場所 中宮寺本堂
所在・エリア 奈良県斑鳩エリア
ホームページ http://chuguji.jp/about/index.html#1

京都広隆寺の弥勒菩薩半跏思惟像と並び称される飛鳥仏の傑作。

如意輪観音としてあがめられているが、如意輪観音であるのか、弥勒菩薩であるのか、あるいは聖徳太子の思惟の姿を彫り込んだものであるのか、定かではない。

現在は全体がつややかな漆黒に輝いているが、元々はどのような姿であったのかも不明。

飛鳥時代の作でありながら、飛鳥仏に特徴的な正面重視の平面感がなく、360度どこからみても美しい。
全体に固さがなく丸みを帯びしなやかで、聖徳太子中宮の尼寺であった中宮寺の本尊に相応しい。

現在は池に囲まれたコンクリート製の本堂に安置され、ひんやりと静かな環境で拝観し、本佛と向き合うことができる。

中宮寺菩薩半跏像の写真

※ 小川晴暘 (1894-1960)『上代の彫刻』朝日新聞社、1942年(保護期間満了)※ Japanese Temples and their Treasures, Vol.2, 1910 (Shimbi Shoin)(保護期間満了)

中宮寺菩薩半跏像安置場所の地図

コメント(0)

  • ※コメント確認画面はありません。
  • ※コメント投稿後は再読み込みをしてください。
CLOSE ×