【国宝仏像】薬師如来立像【神護寺】の解説と写真

最も特色の強い平安初頭の一木造りの優れた仏像

最終更新日:2017年8月16日

木造薬師如来立像(本堂安置)(もくぞうやくしにょらいりゅうぞう)

分類 国宝
ジャンル 美術品・彫刻
時代 平安
構造・形式等 木造
国宝指定年月日 1951年06月09日
所有者 神護寺
安置場所 神護寺金堂
所在・エリア 京都洛西
ホームページ http://www.jingoji.or.jp/treasure01.html

像高170.6cmでカヤ材の一木造り
ふくよかな顔と体、盛り上がった肉髻(にくけい)、左手にもつ薬壺など、頼りがいがあるとともに力強く威圧感のある像容となっている。

この薬師如来は神護寺の前身であった神願寺のころからの本尊であり、延暦年中(728〜806年)に造られたとみられる。

薬師如来立像の写真

※ 『日本美術全集』東都文化交易株式会社, 1953年(保護期間満了)※ Japanese Temples and their Treasures, Vol.2, 1910 (Shimbi Shoin)(保護期間満了)

薬師如来立像安置場所の地図

コメント(0)

  • ※コメント確認画面はありません。
  • ※コメント投稿後は再読み込みをしてください。
CLOSE ×