【国宝仏像】無著・世親立像(運慶作)【興福寺北円堂】の解説と写真

仏師運慶作、写実彫刻の傑作である無著・世親兄弟の彫像

最終更新日:2017年8月16日

木造〈無著菩薩/世親菩薩〉立像〈運慶作/(所在北円堂)〉(もくぞうむちゃくぼさつせしんぼさつりゅうぞう)

分類 国宝
※2躯で1件の国宝指定
ジャンル 美術品・彫刻
時代 鎌倉
1208年
構造・形式等 桂材、寄木造、彩色、玉眼
無著像194.7cm
世親像191.6cm
国宝指定年月日 1951年06月09日
所有者 興福寺
安置場所 興福寺北円堂
所在・エリア 奈良公園エリア
ホームページ http://www.kohfukuji.com/property/cultural/111.html

我が国における肖像彫刻の最高傑作としてあまりにも有名な2躯。
運慶作として知られるが、実際には運慶の指導のもと無著像は運助、世親像は運賀が担当したと考えられている。
寄木造りで彩色・玉顔がはめられる鎌倉彫刻の典型。

無著・世親立は兄弟で、無著が長男、世親が次男。ほか三男もいる。
紀元4世紀ごとの人で、大乗仏教の「唯識」を大成し、後の仏教思想に大きな影響を与えた。
無著菩薩、世親菩薩とも呼ばれる。

通常非公開。
北円堂の本尊弥勒仏の脇に安置される。

無著・世親立像の写真

無著 ※ 『ホームギャラリー別巻 日本の仏像』美術出版社、1960年(保護期間満了)
無著 ※ Japanese Temples and their Treasures, Vol.3, 1910 (Shimbi Shoin)(保護期間満了)無著 ※ Japanese Temples and their Treasures, Vol.3, 1910 (Shimbi Shoin)(保護期間満了)世親 ※ Japanese Temples and their Treasures, Vol.3, 1910 (Shimbi Shoin)(保護期間満了)

無著・世親立像安置場所の地図

コメント(0)

  • ※コメント確認画面はありません。
  • ※コメント投稿後は再読み込みをしてください。
CLOSE ×