【国宝仏像】薬師如来三尊像【薬師寺】の解説と写真

最終更新日:2017年8月16日

銅造薬師如来及両脇侍像(どうぞうやくしにょらいおよびりょうきょうじぞう)

分類 国宝
※3躯で1件の国宝指定
ジャンル 美術品・彫刻
時代 奈良
構造・形式等 胴造
国宝指定年月日 1951年06月09日
所有者 薬師寺
安置場所 薬師寺金堂
所在・エリア 奈良西ノ京エリア

薬師如来、日光菩薩、月光菩薩の三尊形式で、三尊で1つの国宝指定がなされている。
像高は薬師如来254.7cm、日光菩薩317.3cm、月光菩薩315.3cm。
中国初唐の様式受け継ぎながらも日本独自の仏像形式を確立した飛鳥白鳳期の最高傑作のひとつ。
薬師如来台座も別途国宝に指定されている白鳳時代の優品。
ギリシャ・ペルシアの文様、インドの神が描かれ、中国の四方四神である青龍・玄武・朱雀・白虎が描かれている。

両脇侍のやや曲げた腰や自然な姿と本尊の調和が見事で、3尊で完成する三尊形式の完成形ともいえる。
2メートルを超える像を蝋型で鋳込んだ技術は驚嘆に値する。
光背が当初のものでないのが残念。

諸尊の手や足の裏には「千輻輪相」があります。
仏の特徴とされているもののひとつですが、実際に仏像に刻まれているのは非常に珍しい。

薬師寺金堂で常時拝観できる。

薬師如来三尊像の写真

※ 小川晴暘 (1894-1960)『上代の彫刻』朝日新聞社、1942年(保護期間満了)

※ Japanese Temples and their Treasures, Vol.2, 1910 (Shimbi Shoin)(保護期間満了)※ Japanese Temples and their Treasures, Vol.2, 1910 (Shimbi Shoin)(保護期間満了)

※ 仏像研究会『日本仏像図説』二松堂書店、1934年(保護期間満了)

※ Japanese Temples and their Treasures, Vol.2, 1910 (Shimbi Shoin)(保護期間満了)

※ 仏像研究会『日本仏像図説』二松堂書店、1934年(保護期間満了)

薬師如来三尊像安置場所の地図

コメント(0)

  • ※コメント確認画面はありません。
  • ※コメント投稿後は再読み込みをしてください。
CLOSE ×