「運慶展」出展される仏像一覧。2017年秋、東京国立博物館で史上最大の運慶展開催

史上最大の運慶祭り。特別展「運慶」、2017年秋、東京国立博物館で開催

最終更新日:2017年8月17日

仏像好きなら必ず知っている仏師・運慶快慶
慶派仏師の二大巨頭
仏像制作が全盛となる鎌倉時代に活躍した2人の仏師、作品の多くは国宝に指定されています。

通常、仏像作品を鑑賞するためには、所蔵先のお寺さんに出向く必要があります。
国宝クラスの仏像を複数鑑賞できる機会はめったにありません。
しかも、展覧会に出展される仏像は、普段と違っていろいろな角度から間近に鑑賞することができます。
個人的には、仏像は美術館でみるよりも信仰の場であるお寺さんでみるほうが好きなのですが、それはいつでも出来る。
展覧会に出展されるのはかなり珍しく、またとない機会です。

東京国立博物館では「運慶」展が2017年秋に開催
奈良国立博物館では「快慶」展が開催中(2017年4月末執筆時)!

東京国立博物館『運慶』展

開催期間は2017年9月26日~11月26日の2ヶ月間

運慶の仏像作品は全国に31体しかありませんが、運慶展ではその半数以上22体がそろいます。
東大寺の南大門にある運慶作・金剛力士立像は移動できませんから、移動できる運慶仏のほとんどが集結することに!
運慶の父子ら慶派仏師の仏像も多数出展され、全部で仏像74体を展示。
尋常ではない規模の仏像展です。
春の「茶の湯展」といい、この「運慶展」といい、2017年は日本美術愛好家にとって最高の1年です。

運慶展」は今から盛り上げる施策をとっていて、特設サイトが公開されました。
その名も、運慶学園
特設ファンサイト「運慶学園」

入学試験で1問だけ間違えてしまいましたが、無事入学できました。
かなりマニアックな出題です。

展覧会の公式サイトも公開されましたが、まだ情報が少ないです。

特別展「運慶」公式サイト

現状わかっている出展作品は下記にまとめました。

特別展「運慶」に出展される仏像まとめ

・国宝 大日如来坐像(円成寺)
・国宝 無著菩薩立像(興福寺)
・国宝 世親菩薩立像(興福寺)
・国宝 毘沙門天立像(願成就院)
・国宝 四天王像(興福寺)
・国宝 天燈鬼・龍燈鬼立像(興福寺)
・国宝 重源上人坐像(東大寺)
・国宝 八大童子立像のうち運慶作6体すべて(金剛峯寺)
(恵光童子、矜羯羅童子、制多伽童子、恵喜童子、清浄比丘童子、烏倶婆我童童子)
・重文 大日如来坐像(真如園)
・重文 大日如来坐像(光得寺)
・重文 阿弥陀如来座像(浄楽寺)
・重文 阿弥陀如来坐像および両脇侍像(浄楽寺)
・重文 不動明王立像(浄楽寺)
・重文 毘沙門天立像(浄楽寺)
・重文 大威徳明王坐像(光明院)
・重文 聖観音菩薩立像(瀧山寺)
・重文 地蔵菩薩坐像(瑞林寺)
・重文 地蔵菩薩坐像(六波羅蜜寺)

凄いです。
私は10年以上前に仏像を見て回る旅をしたことがありますが、運慶展に出展されるこの仏像群は、1体だけのために1日以上かけて行く価値があるレベルの仏像ばかりです。

私も拝見したことがない仏像がたくさんあります。

多くの仏像は、360度全方位から鑑賞できるように展示されるとのことです。

歴史上最大の運慶展
楽しみです。

運慶展の公式告知チラシのアップデート版が配布されていたので掲載します。
※著作権法上グレーである(親告罪のため)のはわかっていますが、この素晴らしい展覧会を多くの方に告知したいのであえて掲載させて頂きます。問題ございましたらすぐに削除いたします。お手数ではございますが、admin@webzin.jp までご連絡ください。



拡大画像をみる

奈良国立博物館『快慶』展

快慶展行ってきました!

仏像写真には著作権があるので掲載できませんが、豪壮な運慶とは対照的な快慶の優しさが伝わってくるような作品群でした。
阿倍野文殊院の快慶作渡海文殊も見に行きたかった。
会期末まであと2週間。
関西に行かれる用事があるかたは、是非「快慶展」へ!
奈良国立博物館の「仏像館」も、運慶展の予習として仏像の基礎知識を得るためにピッタリ。
運慶展に向けて準備をしましょう!

ついでに一足早く、運慶快慶コラボの東大寺南大門金剛力士立像と、運慶作の木造天燈鬼・龍燈鬼立像にも会って来ました。
東京で再会できるのが楽しみ(流石に金剛力士は来ませんが)。

特別展「運慶」に先駆け、本場奈良では特別展「快慶」が開催中!

ゴールデンウィーク開けに時間をとって、奈良に行くことにしました。

快慶は運慶の兄弟弟子。
運慶に次いで有名な仏師です。

出展作品は、「国宝 僧形八幡神坐像」を筆頭に、醍醐寺の重文・弥勒菩薩坐像、松尾寺の重文・阿弥陀如来坐像、金剛院の重文・執金剛神立像、深沙大将立像、金剛力士立像、清水寺の重文・千手観音坐像ほか、数え切れないほどの快慶仏!

特別展「快慶」出展作品目録


快慶仏講座・検定
まであります。
仏像の基本的なこともあるので、特別展「運慶」のためにも受講するといいかも。

特別展「快慶」公式サイト



ついでに、現在三井記念美術館では「西大寺展」開催中!
行ってきましたが、文殊菩薩が最高でした!

「茶の湯」の次は「仏像」ですね!

コメント(0)

  • ※コメント確認画面はありません。
  • ※コメント投稿後は再読み込みをしてください。
CLOSE ×