投稿日:

「明治大学博物館」 の詳細情報と口コミ・感想・レビュー・質問

「ギロチン」や「鉄の処女」などの拷問・処刑器具を展示している無料の大学博物館

住所
東京都千代田区神田駿河台1-1-1
アクセス
お茶の水駅徒歩5分
Google Map
料金
常設展は無料 特別展は有料の場合あり
開館時間
10:00〜17:00(入館は16:30)
定休日
夏期休業(8/10〜16) 冬期休業(12/26〜1/7) ※8月の土日に臨時休館があります
明治大学博物館の展示は大きく分けて「商品」「刑事」「考古」の3エリアに分かれている。

商品」では、陶器や漆器、金工、染織品などの工芸品を展示。
作り方も製造段階別のサンプルで分かりやすく展示。

刑事」は刑事関連の法令の展示がある。
例えば、「御成敗式目」や「生類憐れみの令」など。
目玉の展示は、なんといっても拷問器具・処刑器具
有名な「ギロチン」や「鉄の処女」が展示されています。

考古」は、土器や石器、埴輪、土偶などの考古資料の展示と、日本各地の発掘調査の記録があります。

「明治大学博物館」の展覧会記事

「明治大学博物館」の展覧会・イベント記事は登録されていません。
LIKE
SHARE